美容と健康を求めるあなたに伝えたいこと。

Health

疲れを取る

眼精疲労が蓄積すると様々な不調をきたします。肩こりや頭痛、吐き気、眼底痛といったことが挙げられます。このような症状が出た場合は目の疲れが限界に達していると考えましょう。目の疲れを感じた際は目を労る必要があります。パソコンやスマートフォンを使う時間を減らしましょう。このような電子機器からはブルーライトとよばれる光が放たれており、目の疲労を蓄積させます。パソコンを使う仕事の人はブルーライトカットの効果がある眼鏡をかけるようにしましょう。スマホの画面保護フィルムの中にはブルーライトをカットできるものもあるので活用しましょう。目頭にはツボがあるので、刺激することで血流を良くして目の疲れを取ることができます。また、目に嬉しい成分を摂取するということも大切です。

目に嬉しい成分として代表的なのがアントシアニンです。ブルーベリーやビルベリーに含まれているせいぶんです。目にはロドプシンと呼ばれる紫色の色素があります。このロドプシンが光を受けて脳に見えているという信号を発します。このロドプシンは、目を酷使すると合成されなくなり徐々に数が減ってしまいます。それによって目の疲れが生じます。アントシアニンを摂取することによってトロプシンの再合成は促進されて目の疲れが癒されます。目の疲れを感じたらブルーベリーを摂取しましょう。ブルーベリーは目の疲れだけでなくアンチエイジングにも効果があります。強力な抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているからです。ポリフェノールとアントシアニンを同時に摂取できるブルーベリーで目の疲れを癒やし若々しさを保ちましょう。